3つのタイプに分けられる井工事で井戸を掘ろう

地盤調査とは

地盤調査は、地盤調査を専門とする専門会社が行なうものです。調査の結果次第では、改良工事が必要となることもあります。地盤調査とは何か、そして地盤の保証に関することを紹介していきます。

Read more »

工事の前に大切な事

温泉開発で大切なのが、温泉を掘り当てることです。掘り当てる工事は長期に及びます。その間にコストがかさんでいくため多額の費用が発生します。事前にしっかり調査を行ない、工事の想定をしながら進めていきます。

Read more »

調査をする

建物を建てる前に大切なのが、地盤改良です。地盤の状態が悪いと建物はもちろん、人の命の安全も守ることができません。地盤調査を行ない、安全が確保されているかを確認した上で建築工事が行なわれるのです。

Read more »

最適な工事が選ばれる

さく井工事とは、井戸を掘るための工事のことを言います。このさく井工事の方法は、主に3つのタイプに分けることが出来ます。それが、パーカッション工法・ロータリー工法・エアーハンマー工法です。それぞれにメリット・デメリットがあり、確保することが出来る作業スペースや掘る深さ、地質などを考慮した上でどの工法を用いるかを決めることになります。 パーカッション工法は、軟らかく崩れやすい地層の掘削にてきている方法です。ロータリー工法とは、幅広い地層の掘削が可能で、比較的規模の大きなさく井工事を行う際に用いられる方法です。 そして、エアーハンマー工法は、小規模な井戸や狭いスペースでの作業に向いている工法で、工期を短く済ませることが出来ます。

さく井工事をして、井戸水が出るようになっても、定期的なメンテナンスをしないと、水質の悪化や水量の減少などが見られる場合があります。定期的なメンテナンスは、トラブルを回避するためには非常に重要な事です。 さく井工事を依頼する場合には、アフターメンテナンスもしっかりと行なってくれるところを選ぶようにしましょう。 井戸は、水質によっては一年程度の使用であっても、パイプの目詰りなどにより水量の減少が見られる場合があります。1年毎の点検整備を受けることにより、不良箇所を早期に発見することが出来ます。 井戸になんらかの不調を感じた場合には、出来るだけ早めに専門家のメンテナンスを受けるようにすることをオススメします。